ホーム > モリンガ > モリンガは生命の源

モリンガは生命の源

モリンガは生命の源というテーマでお伝えします。

みなさんは、モリンガという木をご存じだろうか?知らなかった、初めて聞いたという方は是非とも今回を機に覚えていただければと思います。

モリンガ、別名生命の木、母親の親友、緑のミルクとも呼ばれ、栄養価が非常に高く最近では日本でも口コミで広がり健康食品として注目を集め始めている木です。

もともとは、北インドが原産地であったか、その範囲は次第に広がっていき、アフリカ、中近東、アジアなどで生息していて、根幹に水のタンクをもつことや1年間で4,5メートル成長する生命力から東南アジアやアフリカで飢餓を救うために植樹がされています。

そんな木が注目を引き付けたり理由はその栄養価の高さにあります。

ここですべて列挙しきれないので簡単に紹介すると、食物繊維はごぼうの5倍、鉄分はほうれんそうの3倍、ビタミンB1は豚肉の4倍、ポリフェノールは赤ワインの8倍、マグネシウムは玄米ごはんの16倍など葉っぱだけでこれらの栄養素をとることができる。

現在、食生活の偏りによる健康状況の問題で、製薬会社はこのモリンガに注目し、サプリメントなどの開発にあたっています。

すでにサプリメントなどの製品が世に出回っているので、一度確かめてはどうでしょうか?

モリンガ 効果